コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多院点・北院点 きたのいんてん

大辞林 第三版の解説

きたのいんてん【喜多院点・北院点】

ヲコト点の一。平安時代、主に南都法相ほつそう宗の僧侶によって用いられた。きたいんてん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報