コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川[町] きつれがわ

百科事典マイペディアの解説

喜連川[町]【きつれがわ】

栃木県中東部,塩谷(しおや)郡の旧町。那珂(なか)川の支流荒川・江川流域の丘陵地を占める。中心市街は中世末以来城下町,近世以後は奥州街道宿場町としても栄えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつれがわ【喜連川[町]】

栃木県東部,塩谷郡の町。人口1万1341(1995)。矢板市の東に接する。那珂川支流の江川や内川,荒川などによって開析された喜連川丘陵が北西から南東方向に走る。中心集落の喜連川は近世を通じて喜連川氏の陣屋がおかれ,また奥州道中の宿場町として栄えた。明治以降は鉄道,国道からはずれたため停滞した。産業の中心は農業で,米作のほか養鶏も行われる。清流を利用したアユの養殖は県内生産量の過半を占める。東北自動車道矢板インターチェンジに近い西部の丘陵地に大規模な工業団地が造成され,三菱自動車研究所が進出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

喜連川[町]の関連キーワード那珂

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android