喜連川義氏(読み)きつれがわ よしうじ

美術人名辞典の解説

喜連川義氏

戦国時代の武将。古河公方。父足利晴氏が北条氏康に幽閉されたあと、弘治元年氏康に擁立されて家督を継いだが、嗣子なく、最後の古河公方となる。天正11年(1583)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android