コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業保証金

1件 の用語解説(営業保証金の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

営業保証金

宅地建物取引業者が営業を開始するには、営業保証金というものを供託所に供託しなければならない。これは宅地建物の取引に関し、宅地建物取引業者の信用を担保し、万一事故が生じた場合にそこから損害賠償等の支払いを受けられるように保証金を供託しておくシステムをいう。また、同様に消費者の損害を補てんする制度に、弁済業務制度がある。営業保証金のほうは、個々の宅地建物取引業者が供託するのに対し、この弁済業務制度は宅地建物取引業保証協会が供託するもの。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営業保証金の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者宅地建物取引業者仲介手数料重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証媒介(仲介)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営業保証金の関連情報