コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆く・歎く なげく

大辞林 第三版の解説

なげく【嘆く・歎く】

( 動五[四] )
現在の状況や最近起こった事態などについて悲しく思い、それを口に出して言う。 「身の不幸を-・く」 「妻の死を-・く」
世の中の傾向を残念に思い、それを口に出して言う。慨嘆する。なげかわしいと言う。 「モラルの低下を-・く」
ため息をつく。 「大野山霧立ち渡るわが-・くおきその風に霧立ち渡る/万葉集 799
哀願する。嘆願する。 「今度の軍の軍功に申し替へべき由-・き申す/保元 」 → 悲しむ(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嘆く・歎くの関連キーワード軍功