嘆声・歎声(読み)たんせい

大辞林 第三版の解説

たんせい【嘆声・歎声】

なげきの声。ため息。 「うち続く不運に-をもらす」
非常に感心して出す声。感嘆の声。 「見事な技に-が上がった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐せい【嘆声・歎声】

〘名〙
① なげきの余り発する声。嘆息。
※中外商業新報‐明治三六年(1903)一〇月二七日「時に或は教育なくもがなの嘆声を発せしむることなきにあらず」 〔芸牕私志〕
② 感心してあげる声。また、ある感情をこめた声。
※大道無門(1926)〈里見弴〉反射「『うまい!』と思はず嘆声(タンセイ)を放ったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android