嘆願・歎願(読み)たんがん

大辞林 第三版の解説

たんがん【嘆願・歎願】

( 名 ) スル
事情を説明して、ある事柄の実現を切に願うこと。 「助命を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐がん ‥グヮン【嘆願・歎願】

〘名〙
① 事情を詳しく述べて切に願うこと。
報徳記(1856)八「先生此四百両を元資となし自金を加へ野州山本村大島村山口村徳次郎村歎願に依て仕法を下す」
聖公会の礼拝の一形式。司祭と会衆とが交互にとなえる連続した祈り。ローマ‐カトリック教会においては連祷(れんとう)という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android