コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉村礒多(1897~1933)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

嘉村礒多(1897~1933)

農家の跡取り息子に生まれ、後に首相となる岸信介佐藤栄作と同じ時期に旧制山口中学に学ぶが中退。仁保に戻って暗い青春時代を過ごし、親鸞にも入れ込んだ。やがて妻子古里を捨てて、愛人と東京に駆け落ち。貧しさ、病に苦しみながら、短い生涯の中で、自身の境遇を下敷きにした「業苦」「途上」「崖の下」など文学史に残る私小説を残した。作品では山口のことを「Y県」「Y町」と記している。

(2010-09-25 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

嘉村礒多(1897~1933)の関連キーワード私小説(わたくししょうせつ)12月15日新興芸術派太田 静一中村武羅夫金子みすゞ嘉村 礒多秋立つまで葛西善蔵福田恆存嘉村礒多新潮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android