コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘗め なめ

大辞林 第三版の解説

なめ【嘗め】

なめること。 「ひと-なめてみる」
貴人に薬を勧めるとき、あらかじめなめて毒味をすること。また、その役。 「両宮の-にはおもと薬師一人参るなり/建武年中行事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嘗めの関連キーワード苦汁を嘗める建武年中行事苦杯・苦盃山口 宏沢火間虫入道臥薪嘗胆古往今来天井なめ山田邦子後藤新平総嘗め嘗め物嘗める辛酸糟粕苦汁悟入双袖垢嘗言詮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android