コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘱目・属目 しょくもく

大辞林 第三版の解説

しょくもく【嘱目・属目】

( 名 ) スル
人の将来に期待して、目を離さず見守ること。 「万人が-する人材」
目に入れること。目を向けること。 「宜しく注意-せざる可からず/民約論
俳諧で、即興的に目に触れたものを吟ずること。嘱目吟。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嘱目・属目の関連キーワード民約論俳諧