嘲笑されるキリスト(読み)チョウショウサレルキリスト

デジタル大辞泉の解説

ちょうしょうされるキリスト〔テウセウされる‐〕【嘲笑されるキリスト】

《原題、〈ドイツ〉Die Verspottung Christiグリューネワルトの絵画。板に油彩。縦109センチ、横74センチ。目隠ししたキリストを殴り、誰が殴ったかを問い、嘲笑する場面を描く。ミュンヘン、アルテピナコテーク所蔵。辱められるキリスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android