器量・気量(読み)きりょう

  • きりょう ‥リャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事をやりとげるだけの才能、能力。力量。
※家伝(760頃)上「然皇子器量、不与謀大事」 〔呉志‐孫韶伝注〕
② ある物事に巧みなこと。また、その人。上手。名人。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※平家(13C前)四「笛のおん器量たるによって」
③ (形動) 主として女性や若い男の顔かたち。容姿。また、それらのすぐれているさま。ものの姿形についていうこともある。
※日葡辞書(1603‐04)「Qiriǒna(キリャウナ) ヒト」
※御伽草子・まんじゆのまへ(室町時代物語大成所収)(江戸初)中「あつぱれきりやうのよろひかな。いかほどするぞととひければ」
④ 面目。「器量を上げる」
[語誌]③の意の表記については、近世後期から白話小説に見られる「嫖致・標致」が使われ、また、「容儀・容色」など意味を表わす表記も現われるようになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android