コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火の定義

1件 の用語解説(噴火の定義の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

噴火の定義

気象庁は05年5月から、火山ごとに決めていた噴火の記録の基準を「固形物が噴出場所から100〜300メートルの範囲を超すもの」に統一した。過去にさかのぼり、阿蘇山の03年7月、04年1月の土砂噴出も噴火として扱われるようになった。

(2006-01-11 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴火の定義の関連キーワード管区気象台気象大学校気象庁地方気象台中央気象台気象白書決め手富士山測候所大谷東平窪田正八

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴火の定義の関連情報