コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火の定義

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

噴火の定義

気象庁は05年5月から、火山ごとに決めていた噴火の記録の基準を「固形物が噴出場所から100〜300メートルの範囲を超すもの」に統一した。過去にさかのぼり、阿蘇山の03年7月、04年1月の土砂噴出も噴火として扱われるようになった。

(2006-01-11 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

噴火の定義の関連キーワード気象庁

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噴火の定義の関連情報