嚢胚・囊胚(読み)のうはい

大辞林 第三版の解説

のうはい【嚢胚・囊胚】

後生動物の発生段階において、胞胚に次ぐ胚。普通、内外二層の胚葉をもつ袋状のもの。この段階の後期に原腸が形成される。原腸胚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android