コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囃子・囃 はやし

大辞林 第三版の解説

はやし【囃子・囃】

〔動詞「囃はやす」の連用形から〕
日本の各種の芸能で、演技・舞踊・歌唱(謡・唄)の伴奏のために、あるいは雰囲気を出すために、楽器(主に笛と打楽器)や人声(掛け声・囃子詞ことば)で奏する音楽。
能楽の囃子では、笛・小鼓・大鼓・太鼓の四種の楽器(四拍子しびようし)を用いる。
歌舞伎の囃子では、四拍子を中心的に用い、さらに多種類の打楽器を補助的に加えて奏する。これを鳴り物とも呼ぶ。また演技・舞踊に対して、唄と三味線まで含めて囃子と呼ぶこともある。
寄席の囃子では、三味線と鳴り物が主で、上方落語では唄われることも多い。
祭り囃子・神楽かぐら囃子など民俗芸能の囃子では、笛と各種の打楽器が用いられる。
能の略式演奏形式の舞囃子・居囃子・番囃子などの通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

囃子・囃の関連キーワード居囃子打楽器鳴り物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android