コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囃子・囃 はやし

大辞林 第三版の解説

はやし【囃子・囃】

〔動詞「囃はやす」の連用形から〕
日本の各種の芸能で、演技・舞踊・歌唱(謡・唄)の伴奏のために、あるいは雰囲気を出すために、楽器(主に笛と打楽器)や人声(掛け声・囃子詞ことば)で奏する音楽。
能楽の囃子では、笛・小鼓・大鼓・太鼓の四種の楽器(四拍子しびようし)を用いる。
歌舞伎の囃子では、四拍子を中心的に用い、さらに多種類の打楽器を補助的に加えて奏する。これを鳴り物とも呼ぶ。また演技・舞踊に対して、唄と三味線まで含めて囃子と呼ぶこともある。
寄席の囃子では、三味線と鳴り物が主で、上方落語では唄われることも多い。
祭り囃子・神楽かぐら囃子など民俗芸能の囃子では、笛と各種の打楽器が用いられる。
能の略式演奏形式の舞囃子・居囃子・番囃子などの通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

囃子・囃の関連キーワード居囃子打楽器鳴り物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android