コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四ツ足峠 よツあしとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四ツ足峠
よツあしとうげ

徳島,高知の県境の峠。名称は県境にまたがって建つ地蔵尊を祀る小堂があり,これを四ツ足堂と呼ぶところからくる。林業地帯を結ぶ峠で,土佐中街道 (→土佐街道 ) が通る。かつては徳島県の那賀川と高知県の物部川分水嶺をなす石立山 (1708m) 山腹の,難所の峠として知られていたが,現在ではトンネルが開通して,両県間の物資交流は容易になった。近くに白瀬峡,高ノ瀬峡,高知県側の別府 (べふ) 峡谷など,紅葉の景勝地が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四ツ足峠
よつあしとうげ

徳島県那賀(なか)郡那賀町木頭(きとう)地区と高知県香美(かみ)市物部(ものべ)との境界にある峠。峠名は県境にまたがって立つ四つ足堂にちなむ。地蔵堂ともよばれる四つ足堂は、行基(ぎょうき)の創建とも伝えられ、江戸時代に阿波(あわ)、土佐両国により改築されたという。現在は峠下の四ツ足峠トンネルを国道195号が通じている。なお、徳島県の那賀町木頭地区などサンブン(山分)とよばれる地域には、四つ足堂とよぶ氏(うじ)堂が集落ごとにあり、村人の集会所となっていて宗教行事なども行われる。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone