コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四ツ足峠 よツあしとうげ

2件 の用語解説(四ツ足峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四ツ足峠
よツあしとうげ

徳島,高知の県境の峠。名称は県境にまたがって建つ地蔵尊を祀る小堂があり,これを四ツ足堂と呼ぶところからくる。林業地帯を結ぶ峠で,土佐中街道 (→土佐街道 ) が通る。かつては徳島県の那賀川と高知県の物部川分水嶺をなす石立山 (1708m) 山腹の,難所の峠として知られていたが,現在ではトンネルが開通して,両県間の物資交流は容易になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四ツ足峠
よつあしとうげ

徳島県那賀(なか)郡那賀町木頭(きとう)地区と高知県香美(かみ)市物部(ものべ)との境界にある峠。峠名は県境にまたがって立つ四つ足堂にちなむ。地蔵堂ともよばれる四つ足堂は、行基(ぎょうき)の創建とも伝えられ、江戸時代に阿波(あわ)、土佐両国により改築されたという。現在は峠下の四ツ足峠トンネルを国道195号が通じている。なお、徳島県の那賀町木頭地区などサンブン(山分)とよばれる地域には、四つ足堂とよぶ氏(うじ)堂が集落ごとにあり、村人の集会所となっていて宗教行事なども行われる。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四ツ足峠の関連キーワード三嶺志戸坂峠県境にかほ鳥取県境港市栄町鳥取県境港市中町鳥取県境港市花町鳥取県境港市本町鳥取県境港市元町物部〈村〉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone