四国五郎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四国五郎

広島県三原市生まれ。1949年、原爆詩人の故・峠三吉に誘われ「われらの詩(うた)の会」に参加。反戦、反核運動に力を注いだ。峠の詩に絵をつけた「辻詩(つじし)」と呼んだポスターや「原爆詩集」(51年)の表紙絵などを描いた。原爆が投下された広島で、死にゆく少女を前にした地蔵の顔が怒りに変わる姿を描いた児童文学作家、故・山口勇子原作の絵本「おこりじぞう」(79年)の挿絵も手がけた。 <=1999年ごろ、四国光さん提供>

(2018-01-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四国五郎の関連情報