四国縦貫・横断自動車道(読み)しこくじゅうかんおうだんじどうしゃどう

世界大百科事典 第2版の解説

しこくじゅうかんおうだんじどうしゃどう【四国縦貫・横断自動車道】

縦貫自動車道と横断自動車道と合わせて四国のほぼ全土を8の字型にカバーする。縦貫自動車道は徳島市から松山市まで約222km。そのうち徳島市から川之江市までの95km余を徳島自動車道と呼び,その53kmが完成(1997年度末現在),また川之江市から大洲市までの126km余を松山自動車道と呼び,そのうち川之江から松山市を経て伊予市までの95kmが完成。横断自動車道は徳島県阿南から徳島,高松,川之江と海岸線を巡り,高知へ下ってから太平洋岸を西に巡って中村宇和島を経て大洲にいたる443kmの長大路線。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android