コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国縦貫・横断自動車道 しこくじゅうかんおうだんじどうしゃどう

1件 の用語解説(四国縦貫・横断自動車道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しこくじゅうかんおうだんじどうしゃどう【四国縦貫・横断自動車道】

縦貫自動車道と横断自動車道と合わせて四国のほぼ全土を8の字型にカバーする。縦貫自動車道は徳島市から松山市まで約222km。そのうち徳島市から川之江市までの95km余を徳島自動車道と呼び,その53kmが完成(1997年度末現在),また川之江市から大洲市までの126km余を松山自動車道と呼び,そのうち川之江から松山市を経て伊予市までの95kmが完成。横断自動車道は徳島県阿南から徳島,高松,川之江と海岸線を巡り,高知へ下ってから太平洋岸を西に巡って中村,宇和島を経て大洲にいたる443kmの長大路線。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四国縦貫・横断自動車道の関連キーワード関門橋九州横断自動車道近畿自動車道北陸自動車道歩道九州自動車道国土開発幹線自動車道中国自動車道東北自動車道東九州自動車道

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone