四屋恒之

美術人名辞典の解説

四屋恒之

漢学者。日向延岡藩士。号は穂峰。元老院書記官に至る。文官普通試験委員、帝国大学華族女学校・斯文学会等の講師も務めた。明治39年(1906)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android