四手・垂(読み)しで

大辞林 第三版の解説

しで【四手・垂】

〔動詞「しづ(垂)」の連用形から〕
玉串や注連縄しめなわなどに下げる紙。古くは木綿ゆうを用いた。
槍の柄につけ、槍印とするヤクの毛で作った払子ほつすのようなもの。
カバノキ科の落葉高木。アカシデ・イヌシデ・クマシデなどの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しで【四手・垂】

〘名〙 (動詞「しず(垂)」の連用形の名詞化。「四手」はあて字)
① 注連縄(しめなわ)、または玉串(たまぐし)などにつけて垂らす紙。古くは木綿(ゆう)を用いた。
※神楽歌(9C後)韓神「〈末〉皆人の 志天(シテ)は栄ゆる 大直毘 いざ我がともに 神の坂まで」
② 旄牛(ぼうぎゅう)(=ヤク)の尾を束ねて下げる小さな払子(ほっす)のようなもの。槍(やり)の柄につけて槍印とする。
甲陽軍鑑(17C初)品三八「立物、鑓験并朱四手(デ)等、如累年相違肝要候」
カバノキ科の落葉高木。アカシデイヌシデクマシデ、サワシバなどの総称。特にアカシデをさして用いることもある。早春、葉に先だって枝先から四手に似た雄花穂をたらすのでいう。材は堅く、洋家具、細工、薪炭材などに使う。しでのき。〔生物学語彙(1884)〕
④ 植物「ざいふりぼく(采振木)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android