コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四手辛夷・幣辛夷 しでこぶし

大辞林 第三版の解説

しでこぶし【四手辛夷・幣辛夷】

モクレン科の落葉高木。中部地方の山地に自生し、また庭木として栽植。早春、葉に先だち花被片十数個から成る微紅色を帯びた白色で芳香のある花を開く。ヒメコブシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四手辛夷・幣辛夷の関連キーワードモクレン科中部地方白色早春庭木山地栽植芳香

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android