コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方竜文(二代目) しかた りゅうぶん

美術人名辞典の解説

四方竜文(二代目)

江戸後期の工芸家。名は波雄、のち安平、字は鼎介、通称安之助、号は竜文堂。初代の長男、鋳物師竜文堂第二代。中国古銅器に模した作品を作り好評を博す。晩年は陶器の製作も行なった。頼山陽や木米菘翁等と交流があった。門人に亀文堂・蔵六等がいる。天保12年(1841)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

四方竜文(二代目)の関連キーワード四方竜文(2代)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android