コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方竜文(初代) しかた りゅうぶん

1件 の用語解説(四方竜文(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方竜文(初代) しかた-りゅうぶん

1732-1798 江戸時代中期-後期の鋳金家。
享保(きょうほう)17年生まれ。もと丹波亀山藩(京都府)藩士。明和元年ごろ京都で鋳造業をいとなむ。茶の湯釜を応用して蝋型で鉄瓶を鋳造する方法を創案。また,青もどしと称する着色の方法を創出した。作品に金寿泰と銘を刻した。寛政10年7月3日死去。67歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

四方竜文(初代)の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺四方竜文鈴木正長安島直円金井三笑カント(年譜)目黒道琢

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone