四日市コンビナート

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四日市コンビナート

三重県四日市市東部の旧海軍燃料廠(しょう)跡地に第1コンビナートが誘致され、1959年に本格稼働した。公害訴訟判決があった72年に稼働した第3まで、コンビナートの面積は計約1101ヘクタール。現在約1万人が働いている。四日市市の市町村別製造品出荷額は全国10位(2009年)。このうち、コンビナート企業で6割近くを占める。

(2012-07-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四日市コンビナートの関連情報