コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四日市市の定期市

1件 の用語解説(四日市市の定期市の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四日市市の定期市

市内15カ所のいずれかで毎日開かれている。大正から昭和初期の農村不況の中、農家の救済・自立のため、農産物直接販売する即売場を開設したのが始まり。町おこしを目的に最近開設された市もある。市によると、開設時期は慈善橋即売場(八幡町)の1923年が最も古く、坂部三・八中央市場(坂部が丘3丁目)の2007年が最も新しい。

(2011-09-21 朝日新聞 朝刊 熊野 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四日市市の定期市の関連キーワード秋場所何れか選言原理日開帳善かれかし界繋崩れ掛るノイズレス日本の鵜飼いノイズレベル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone