四核構想と中心市街地活性化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四核構想と中心市街地活性化

四核構想は郡山市が中心市街の活性化に向け、87年度に策定した「郡山地域商業近代化地域計画」で打ち出した考え。郡山駅西口前に四つの核を設け、と訪れてもらえるような街づくりを目指している。98年に商業の活性化と市街地整備を目的にした法律の成立に合わせ、市は優先的に補助事業の取り組みとしてできる基本計画を国に提出。その中でも四核構想を盛り込んでいる。06年の法改正に伴い、市も現在、基本計画の見直しを進めている。

(2008-01-30 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android