コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四海安穏祈願法要

1件 の用語解説(四海安穏祈願法要の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

四海安穏祈願法要

遣唐使だった僧・玄ぼう(げんぼう、?~746)が初代住職となったことから、海を鎮める神・海龍王にちなむ海龍王経を唱えて遣唐使の航海安全を祈る法要として始まった。近年は、北海道神奈川鹿児島など各地の水をガラス容器に入れて捧げて営まれる。

(2012-04-19 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四海安穏祈願法要の関連キーワード坊津けちん坊遣唐船吝ん坊先坊訕謗蘭房紀伊長島マンボウレインレイン・ボウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四海安穏祈願法要の関連情報