コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四・一六事件 よんいちろくじけん

1件 の用語解説(四・一六事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よんいちろくじけん【四・一六事件】

1929年の共産党弾圧事件。前年の三・一五事件の一斉検挙から逃れた渡辺政之輔鍋山貞親市川正一らは党組織の再建をはかり,相つぐ中間検挙のなかで,《赤旗》の再刊や中国侵略反対,治安維持法改悪阻止などの運動を繰り広げつつ,臨時指導部を経て,29年3月には中央指導部を設立した。三・一五事件後,治安維持法を改悪するとともに特高警察網を全国に張りめぐらし,視察取締りを厳重化していた取締り当局は,党の再建を察知し,内偵を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

四・一六事件の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone