コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回り持ち まわりもち

大辞林 第三版の解説

まわりもち【回り持ち】

順番に受け持つこと。輪番。回り番。 「当番は全員の-になっている」
回り回って自分のものとなること。 「金は天下の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回り持ちの関連キーワードミャンマーと東南アジア諸国連合(ASEAN)国際科学オリンピック金は天下の回りものアラブ首脳会議日弁連会長選国際歯科連盟甲子園の審判世は回り持ち杉田玄白清華家村役人五摂家世・代回り持自身番回り番国体天下金銀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回り持ちの関連情報