コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回想法

1件 の用語解説(回想法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

回想法

米国の精神科医ロバートバトラーが1963年に提唱した心理療烹昔の生活用具や写真によって、高齢者が「楽しい」といった記憶をよみがえらせ、脳や心の活性化を促すことで、認知症予防の効果が期待されている。日本では80年ごろから研究が始まり、2002年には愛知県北名古屋市が、活動拠点として「回想法センター」を設立した。また、全国の博物館や民俗資料館でも古民具を使った回想法に取り組む動きが広がっている。

(2014-09-08 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回想法の関連キーワードアーガイル・ロバートソン瞳孔精神科精神科医ロバートEリーバトラーサービスカスタムバトラー ボンバーマンバトラーハブラシバトラー弁護に立つ捜査段階の精神鑑定国際長寿センター

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回想法の関連情報