回折格子刻線機(ルーリングエンジン)(読み)かいせつこうしこくせんき

事典 日本の地域遺産の解説

回折格子刻線機(ルーリングエンジン)

(埼玉県熊谷市 (株)ニコン熊谷製作所)
重要科学技術史資料(未来技術遺産)」指定の地域遺産〔第00088号〕。
モノクロメーターや分光光度計に使用する回折格子の国産化を目指して開発されたルーリングエンジン。〈製作者(社)〉日本光学工業株式会社。〈製作年〉1971(昭和46)年

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android