コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因る・由る・依る・拠る よる

大辞林 第三版の解説

よる【因る・由る・依る・拠る】

( 動五[四] )
〔「寄る」と同源〕
ある物事が起きる原因となる。 《因・由》 「不注意に-・るミス」 「金属疲労に-・る破損」 「人言の繁きに-・りて/万葉集 3464
ある物事の手段・方法、あるいは材料となる。 《依》 「武力に-・る解決」 「コンピューターに-・る処理」
ある物事の根拠・基準・理由となる。 《依・拠》 「法律の定めるところに-・る」 「人は見かけに-・らないものだ」
軍勢・人などが根拠地としてたてこもる。 《拠》 「大坂城に-・った豊臣方」
ある物事に関係する。物事の有り様に応ずる。 《依》 「成功するかどうかは君の努力次第に-・る」 「相手の出方に-・っては実力行使もある」 「所に-・り雨」 「事と次第に-・っては…」 「冗談も時と場合に-・る」
[可能] よれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

因る・由る・依る・拠るの関連キーワード物事

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android