コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体規制法 だんたいきせいほう

大辞林 第三版の解説

だんたいきせいほう【団体規制法】

正称、無差別大量殺人行為を行なった団体の規制に関する法律。1999年(平成11)制定。過去に無差別大量殺人行為を行なった団体の活動状況を継続して明らかにし、危険性の増大を防止するための規制を定める。公安審査委員会が公安調査庁長官の請求に基づき適用の決定をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

団体規制法の関連キーワード「アレフ」と「ひかりの輪」団体規制法の制定公安審査委員会破壊活動防止法オウム対策二法公安調査官室オウム真理教ひかりの輪観察処分犯罪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団体規制法の関連情報