コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団塊世代と選挙

1件 の用語解説(団塊世代と選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

団塊世代と選挙

「団塊」は、一般的には1947〜49年にかけて生まれた世代をさす。約700万人に上るとされ、今春から大量退職が始まる。第二の人生を地方議会にかけようとする人も多いようだ。この世代の人たちは、府内では府議と21市町議選に現職が110人以上、元職、新顔を合わると計約150人(22日現在、朝日新聞社調べ)が立候補を予定している。新顔の職歴は、公務員や会社経営など様々だ。団塊世代に各種の選挙への立候補を呼びかける市民組織「団塊世代を地方議会に送るネットワーク(団塊ネット)」(事務局・東京)は、全国で43人の推薦を決定。府内では堺、枚方、貝塚の3市議選に計5人が立つ。

(2007-03-23 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団塊世代と選挙の関連キーワード一般的火成ガレージ07年問題団塊の世代争奪戦ホテル葬GradeMatriculation

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone