コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団扇やんま うちわやんま

大辞林 第三版の解説

うちわやんま【団扇やんま】

サナエトンボ科の昆虫。体長約8センチメートル。雄の第八腹節にうちわ状の突起をもつのでこの名がある。雌の突起は小さい。青森県から鹿児島県までの沼や湖近辺でよくみられる。成虫は5~8月頃現れ、棒や杭くいの上で水平に静止している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

団扇やんまの関連キーワード鹿児島県青森県昆虫体長成虫突起

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android