コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲碁の世界戦

1件 の用語解説(囲碁の世界戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

囲碁の世界戦

世界戦は個人、団体あわせて現在10ほどある。個人戦は、各国の代表がトーナメントを戦い、頂点を目指す。1988年創設の富士通杯を皮切り相次いで始まった。その後の数年は、武宮正樹九段(63)ら日本勢の優勝が目立った。その流れを変えたのが、韓国の李昌鎬(イチャンホ)九段(38)だ。92年、16歳の時に世界戦で優升国内に囲碁ブームを巻き起こし、レベル向上につなげた。その後、中国からも世界戦を7回制している古力(クーリー)九段(31)ら強豪が執と登場している。

(2014-07-14 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囲碁の世界戦の関連キーワード合わせて・合せて・併せて合せて合せ播き入り合せ入れ合せ詰合せ個人生命保険女子プロボクシングドア枠盛り合わせ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

囲碁の世界戦の関連情報