コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格全量買い取り制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

固定価格全量買い取り制度

太陽光や風力地熱、中小型の水力廃材などを使ったバイオマスの計5種類の再生可能エネルギーでつくった電気を、国が定めた固定価格で、電力会社が一定期間全量を買い取る制度。昨年7月から始まった。電力会社が買い取る費用は電気料金に上乗せされ、消費者が払う。企業などが確実にもうけられる価格にして参入を促し、再生可能エネの普及を図る。太陽光発電については、家庭の屋根で発電し、使った分の残りを買い取る「余剰買い取り」制度が2009年からすでにあった。新制度では、家庭か事業者かを問わず設備が10キロワット以上なら「全量」、10キロワット未満は「余剰」の二つの方法で買い取っている。

(2013-05-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

固定価格全量買い取り制度の関連キーワード全量固定価格買取り制度固定価格買取り制度太陽光

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android