コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格買い取り制度(FIT)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

固定価格買い取り制度(FIT)

太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及を目的に、2012年7月に国が開始した制度。再生可能エネルギー事業者が発電した電気を、電力大手が一定価格で買い取る。買い取り費用は「再エネ賦課金」として利用者の月々の電気料金に上乗せされている。

(2016-12-30 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固定価格買い取り制度(FIT)の関連情報