コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定資本・流動資本 こていしほんりゅうどうしほん fixed capital,liquid capital

1件 の用語解説(固定資本・流動資本の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こていしほんりゅうどうしほん【固定資本・流動資本 fixed capital,liquid capital】

産業資本はたえず貨幣資本商品資本生産資本の形態をとりつつ価値増殖運動を行っているが,生産資本について,その価値移転ないし価値回収の違いを考察すると,2種類の資本が区別される。 まず不変資本constant capital(ドイツ語でkonstantes Kapital)についてみると,そのうち機械,工場用建物等のような労働手段呼ばれる資本の多くは,1回の生産過程でその使用価値的機能を全面的に失うのではなく,何回かの生産過程で固定的に機能した後,その耐久性に限度がきてはじめてその機能を消失する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

固定資本・流動資本の関連キーワード貨幣資本金融資本産業資本商業資本貸付資本生産資本独占資本不変資本利子生み資本流通資本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone