コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国が制度化した市街地の液状化対策

1件 の用語解説(国が制度化した市街地の液状化対策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国が制度化した市街地の液状化対策

国土交通省は震災後に宅地と道路や下水道などとの一体的な地盤強化工事に対する補助事業を創設した。液状化は宅地単位でなく、街区単位で起きていることが理由。宅地分にかかる工事費は所有者負担だが、大規模発注となるため、負担額は宅地ごとに工事したのと比較して、最大で半分になると見込む。ただ補助要件は、面積3千平方メートル以上、区域内家屋10戸以上など厳しい。

(2012-03-15 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国が制度化した市街地の液状化対策の関連キーワード下水道法国土交通省石塀MOC国土交通大臣国土交通大臣免許道路法と渡し船中日本高速道路(NEXCO中日本)長大橋プロジェクト国のダム事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone