コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国の原子力災害対策

1件 の用語解説(国の原子力災害対策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国の原子力災害対策

1999年に核燃料加工会社ジェー・シー・オー東海事業所(茨城県)で国内初の臨界事故が起き、作業員2人が死亡、住民ら660人以上が被曝した。これを機に原子力災害対策特別措置法が成立。事故拡大防止の責務は第一義的に事業者が負うとし、国にも防災対策などを定めた指針の策定を求めた。

(2016-03-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国の原子力災害対策の関連キーワード世界遺産タンパク質総合年表(ヨーロッパ)日本のおもな美術館エイズバイオテクノロジー総合年表(アメリカ)新聞東欧映画南アフリカ共和国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国の原子力災害対策の関連情報