コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国の原子力災害対策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国の原子力災害対策

1999年に核燃料加工会社ジェー・シー・オー東海事業所(茨城県)で国内初の臨界事故が起き、作業員2人が死亡、住民ら660人以上が被曝した。これを機に原子力災害対策特別措置法成立。事故拡大防止の責務は第一義的に事業者が負うとし、国にも防災対策などを定めた指針策定を求めた。

(2016-03-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国の原子力災害対策の関連情報