コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国の登録有形文化財

1件 の用語解説(国の登録有形文化財の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国の登録有形文化財

都市化とともに歴史のある建築物が消滅するのを防ぐ目的で1996年に創設された。県内に129点ある。指定文化財と比べて現状変更の強い規制はない。修理費は所有者負担で、竹屋旅館の場合、土蔵の復元には2、3億円必要だったという。市文化課も「公費負担が必要な建物被害は多く、そこまで手を広げられない」との対応だった。

(2012-05-24 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国の登録有形文化財の関連キーワードクトナーホラ終期消滅時効仮設建築物建築物建坪建築士法古址プチパレ伝統的町並み・建築物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国の登録有形文化財の関連情報