コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国の間伐政策

1件 の用語解説(国の間伐政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国の間伐政策

林野庁が今年発表した昨年度の白書によると、森林は全国で2510万ヘクタールで、国土の67・3%を占める。このうち人工林は1034万ヘクタール。県内は森林が37万ヘクタール。このうち人工林は23万ヘクタール。人工林率は全国平均より高い。2010年度の全国の間伐面積は55万6千ヘクタール(うち国有林11万ヘクタール)で、00年度の30万4千ヘクタール(同6万ヘクタール)より増加。08~12年度の国の間伐政策が影響している。

(2012-12-11 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国の間伐政策の関連キーワードゼロ・シーリング今年度昨年度推測気象白書林野庁が所管する国有林野官行造林地林野庁以外の官庁が所管する国有林野長崎市の財政事情農村の高齢化

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone