コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国交省の成長戦略会議

1件 の用語解説(国交省の成長戦略会議の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国交省の成長戦略会議

昨年10月に置かれた有識者会議。2月5日に航空分野について「論点整理」を示した。伊丹空港を都市近接型空港とし、国際線を含む「フル活用」を打ち出す一方、環境(騒音)対策費の見直しや運用時間拡大に地元の協力が得られなければ「中期的には廃港も視野に入れる」とするなど、両論併記した。関西国際空港会社有利子負債は「成田など既存空港を民営化し、その上場益などで債務を解消し、身軽にして運用する」との意見が出た。伊丹空港などに独立採算や民営化を求める方向で、一元管理と逆の考えを示している。

(2010-02-16 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国交省の成長戦略会議の関連キーワード議定家司職掌教育再生会議視学官識者少宮司有識者特待生問題有識者会議医師不足と医学部定員

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone