コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国会の随意契約

1件 の用語解説(国会の随意契約の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国会の随意契約

05年度、衆参両院の全契約額に占める随意契約(少額を除く)の割合は、衆院が83%(約52億6900万円)、参院が69%(約37億6600万円)。政府調査によると、同年度、国会や裁判所を含んだ各府省の随意契約の割合は53%で、両院の割合は高い値になっている。両院は情報公開法の対象外となっており、不自然な随意契約をしても外部から指摘されにくい。

(2006-07-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国会の随意契約の関連キーワード二院制両院協議会首相指名委員会人事官衆参NHK経営委員会穀物自給率元利均等返済米国の原発

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone