国保広域化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国保広域化

自営業者などが加入する国保は、不況による低所得者の増加や医療費の高額化により、運営する市町村の財政事情が厳しくなっている。約22万8千人(09年度速報値)が加入する県内では、累積赤字は20市町中9市町で計約26億5千万円(同)になる見通し。このため厚生労働省は今年5月、県が広域化に向けた支援方針を策定できるよう国民健康保険法改正。11月1日現在、45の都道府県が支援方針の策定・検討を予定している。

(2010-11-29 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android