国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)

国債を安定的に消化するため、財務省が2004年に導入した資格。三井住友銀行みずほ銀行、証券会社19社が持つ。国債の入札に優先的に参加し、財務省と定期的に情報交換できる。一方、毎回の入札にかけられる国債の4%以上を応札し、年間では、短期国債以外は1%以上を落札することが義務づけられている。

(2017-03-22 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android