コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国公立大医学部の定員増

1件 の用語解説(国公立大医学部の定員増の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国公立大医学部の定員増

国が07年に打ち出した緊急医師確保対策で、各都府県で最大5人(北海道は15人)の定員増が認められた。増加枠の生徒は一般の定員枠と別の試験を行い、入学金(県立医科大の場合、県内生28万2千円、県外生80万2千円)、授業料と生活費相当額(同、月20万円)が貸与される。卒業後原則9年間、都道府県が指示するへき地の病院で働くか、医師不足産婦人科などの医師になることが条件で、約束を守れば返還は免除される。09年度入試ではさらに全国で計約770人の増員が検討されており、県立医科大学でも一般入試で5人程度の定員増になる見込み

(2008-10-07 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国公立大医学部の定員増の関連キーワード医師不足打ち出だす打ち出で鎚金打出し打出追出し稲作所得基盤確保対策医師確保策緊急医師確保対策

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone