コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内における絞首刑

1件 の用語解説(国内における絞首刑の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内における絞首刑

「死刑は刑事施設内で絞首して執行する」と定める刑法11条に基づく。江戸時代には「はりつけ」や「のこぎりびき」などもあったが、近代化を目指した明治政府が廃止。1873(明治6)年の太政官布告によりヨーロッパで採用されていた絞首刑が導入され、現在まで続いている。法務省によると、戦後絞首刑となったのは681人。

(2013-11-17 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国内における絞首刑の関連キーワード監獄法刑務所絞首刑拘置所刑事施設刑場絞首台収監刑事施設法刑事収容施設法

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国内における絞首刑の関連情報