コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内における絞首刑

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内における絞首刑

「死刑は刑事施設内で絞首して執行する」と定める刑法11条に基づく。江戸時代には「はりつけ」や「のこぎりびき」などもあったが、近代化を目指した明治政府が廃止。1873(明治6)年の太政官布告によりヨーロッパで採用されていた絞首刑が導入され、現在まで続いている。法務省によると、戦後絞首刑となったのは681人。

(2013-11-17 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国内における絞首刑の関連情報