コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内のインターネット商取引市場

1件 の用語解説(国内のインターネット商取引市場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内のインターネット商取引市場

経済産業省によると、05年の消費者向けネット商取引市場規模は3・5兆円。主な内訳は、アマゾンや「楽天市場」への出店者などの小売業が1・7兆円、音楽や映画のダウンロード販売などが約9千億円、宿泊・旅行予約などのサービスが約4千億円で、いずれも拡大基調だ。

(2007-04-25 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone